エラー処理、例外について

Live2D C++版ライブラリでは、一部の環境で例外の使用が推奨サれないケースがあるため例外を使用しておりません。

エラーが発生した場合は、Live2D::getError()で直前のエラー内容を取得できます。
エラー内容はLive2D::L2D_ERROR_XXX として定義されております。

モデル、モーションのロード時に、エラーが発生した場合は NULLを返し、getError()でエラー内容を取得できます。










Comments