【Cubism2.1】新機能紹介&メイキング動画(合計32分)

対応バージョン:Cubism 2.1以降


◆動画1. 制作モデルを使った2.1の機能紹介




チュートリアル作者 : 黒井  (URL:http://ku6i.tumblr.com )
フリーのイラストレーター。現在ソーシャルゲームを中心に活動中。


キャラクター原案  : オムモグライス様     
キャラクターボイス : 羽純せら様     







◆動画2. メイキング・前編

◆動画3. メイキング・後編




【チュートリアルステップ】
    



Cubism2.1以前のバージョンでは、図の様に「上まぶた」「下まぶた」を片目づつ、「中口」を隠す「上口」「下口」の計6枚の「隠すため」のパーツが必要でした。

よく話題にあがるのが、この「まぶた」「口」パーツがあるせいで「髪の毛の落ち影」や「顔の陰影、グラデーション」が隠れてしまい、
原画を完全に再現することが難しかったという事です。



Cubism2.1からのバージョンでは、「クリッピングマスク」機能を使い、「白目」から「目玉」をはみ出さない様にできます。
そのため、上記の「まぶた」更には「口」パーツを作成しなくても目パチ、口パクが表現出来るようになりました。
作業効率的にも嬉しいアップデートと言えます。

※ ただし、動画の出力の際は問題ないのですが「クリッピングマスク」機能を使ったLive2Dモデルをゲームなどに組み込んで利用する場合は
   端末の環境によってパフォーマンスに影響を及ぼす場合があります。
   エディター更新履歴の 【2.1新機能 「クリッピングマスク」に関する注意】をご参照ください。



図のように、元画像に対しマスク(マスキング)する画像を用意し、適用するとマスクの形に元画像が切り抜かれた様に表示されます。
実際には切り抜き等の「加工・編集」が行われている訳ではなく、マスクより外の領域は「隠れて見えなくなっているだけ」です。




Modelerで以下のように設定します。


まず「白目」パーツを選択します。
ID欄に「白目」パーツのID(個別の名前のようなもの)が表示されています。
これをコピーします。



次に「目玉」パーツを選択します。
クリップID欄に先程コピーした「白目のID」をペーストします。(緑の文字です)
その後「Enter」でクリッピングが適用され、白目を変形させても目玉が白目から
はみ出さなくなりました。

他の例も見てみましょう。



「上まつげ」(アイライン)にある小さなハイライトです。
別パーツにしてあるので、「上まつげ」より外に出ないよう「上まつげ」のIDでマスクしてあります。


「歯」パーツを「口内」パーツのIDでマスクしてあります。
以上で「クリッピングマスク」の説明は終了です。

今回のチュートリアルは以上となります。皆様のモデル制作に役立てば幸いです。


Article copyright © 2015 kuroi