ツール‎ > ‎

Photoshop用スクリプト


Live2D_Preprocess

Photoshopのレイヤー構造に対して以下の処理を行い、Live2Dでインポート可能なレイヤーに変換します。
    • グループの結合 (グループ名の先頭に * をつけると結合しません)
    • レイヤーマスクの結合
    • クリッピングマスクの結合

    ダウンロード

 v1.1 [ 2014/08/23 ]  Live2D_Preprocess_v1.1.zip


    使い方

Zipファイルを展開すると、スクリプトファイル(Live2D_Preprocess_vX.X.jsx)が生成されます。

Photoshopで処理を行いたいPSD画像ファイルを開き、以下のいずれかの方法で処理を開始します。
    1. ファイル名のついたタブの横の隙間に、スクリプトファイルをドラッグ&ドロップすると処理を開始します。
    2. Photoshopの「ファイル」>「スクリプト」>「参照」でスクリプトファイルを選択すると処理を開始します。
    3. jsxファイルをPhotoshop のスクリプトフォルダに入れます。
      Windows :C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop CC (64 Bit)¥Presets¥Scripts
      ファイルをフォルダに入れたらPhotoshop を再起動します。
      これで、[ファイル]メニュー→[スクリプト]から実行できるようになります。

    更新履歴

v1.1 ( 2014/08/23 )
  • 非表示のグループが処理後に非表示状態になる問題を解決しました。




Live2D_Cleaning

Photoshopのレイヤー構造に対してゴミ取りを行います。
Live2D_Preprocessスクリプトをかけた後の使用を推奨します


    ダウンロード

 v1.1 [ 2015/02/03 ]  Live2D_Cleaning_v1.1.zip


    注意事項

グループ名・レイヤー名は同じにならないようにして下さい。

    使い方

Zipファイルを展開すると、スクリプトファイル(Live2D_Cleaning_vX.X.jsx)が生成されます。

Photoshopで処理を行いたいPSD画像ファイルを開き、以下のいずれかの方法で処理を開始します。
    1. ファイル名のついたタブの横の隙間に、スクリプトファイルをドラッグ&ドロップすると処理を開始します。
    2. Photoshopの「ファイル」>「スクリプト」>「参照」でスクリプトファイルを選択すると処理を開始します。
    3. jsxファイルをPhotoshop のスクリプトフォルダに入れます。
      Windows :C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Photoshop CC (64 Bit)¥Presets¥Scripts
      ファイルをフォルダに入れたらPhotoshop を再起動します。
      これで、[ファイル]メニュー→[スクリプト]から実行できるようになります。

    更新履歴

v1.1 ( 2015/02/03 )
  • ユーザの環境で、クイックマスクの設定が「マスク範囲に色を付ける」
    になっている場合に正常に動作しない問題を解決しました。
  • グループレイヤーの中身もゴミ取りできるようになりました。


Comments