ツール‎ > ‎

After Effects プラグイン

Adobe After Effects でLive2Dモデルを扱うことができるようになるプラグインです。

プラグインが対応するAfter Effectsのバージョンは、
CC(2015.3)、CC(2015)、CC(2014)、CC(12.0)、CS6 です。


お知らせ AMD社グラフィックボード(Radeon,FirePro etc)搭載機器による本プラグイン使用は推奨しておりません。
使用上不具合が出る報告を頂いておりますので、オンボード、あるいはNVIDIA社グラフィックボードの使用をご検討下さい。



当アプリケーションは、エディタの利用規約が適用されます。
必ずダウンロード、起動前に エディター利用規約 をお読みください。
ダウンロードまたは起動いただいた時点で、利用規約に同意しているものとみなされます。 

    ダウンロード

 バージョン  Windows   Mac
 v0.9.5.0[ 2016/10/04 ]  ダウンロード  
 v0.9.4.0[ 2016/06/16 ]  ダウンロード  
 v0.9.3.0.2 [ 2016/01/21 ] / [ 2015/04/20 ]  ダウンロード  ダウンロード
 v0.9.3.0.0 [ 2015/02/18 ]  ダウンロード  
 v0.9.2.0.0 [ 2014/10/15 ]  ダウンロード  
 v0.9.1.0.0 [ 2014/09/09 ]  ダウンロード  
 v0.9.02     [ 2014/08/25 ]  ダウンロード  



    更新履歴

2016/10/04        v0.9.5
                                - Cubism 2.1に対応しました。
                                        - 従来通り2.0のモデルも使用可能です。
                                - サポートするAfter Effectsのバージョンが変更されました。
                                  - 新規サポート
                                  - CC 2015
                                  - CC 2015.3
                                  - サポート終了
                                  - CS 5.5
                                パーツの不透明度を設定できるようになりました。
2016/06/16        v0.9.4
                                - .aepを開いた際に.mocが見つからなかった場合、クラッシュする問題を修正しました。
                                - .mocを再読込の際に、現在のフレームにキーフレームが挿入される問題を修正しました。
2016/01/21        v0.9.3.0.2_2
                                Windows版のインストーラの電子署名を更新しました。
2015/04/20        v0.9.3.0.2
                                Macでも使えるようになりました。
2015/03/11        v0.9.3.0.2
パラメータ名の頭に表示される "PARAMS_" を省略しました。
2015/02/18        v0.9.3.0.0
レイヤーマスクに対応しました。
2014/10/15        v0.9.2.0.0
透明/不透明部分の境界に、意図しない灰色のエッジが出る問題を修正
2014/09/09        v0.9.1.0.0
Adobe After Effects CC2014 正式対応
2014/08/25        v0.9.02
ベータ版を公開。


    使い方

読み込みには、Modelerから書き出した、mocファイルとテクスチャファイルが必要になります。
model.json (モデル設定ファイル)もあると良いでしょう。

【STEP 1 】 Modeler でモデルデータを書き出す

書き出し設定では、[モデル設定ファイル(model.json)を書き出す]にチェックを入れます。
書き出しターゲットは、[1/1]を選ぶとテクスチャを原寸のまま書き出せます。

保存先とファイル名を指定して、ファイルを書き出します。


【STEP 2 】 After Effects でLive2Dモデルを読み込む

次は、After Effects に移ります。

新規作成したコンポジションに、[平面]を新規作成します。

作成した平面にエフェクトを追加します。
作成した平面を右クリックして、[エフェクト]→[Live2D]→[Live2D Loader]をクリックします。

エフェクトコントロールにLive2D Loader が追加されます。
ここで、[Model Settings]の詳細を開いて、[Load.moc]ボタンをクリックします。

読み込むファイルを選択するウィンドウが表示されます。
モデルデータ(mocファイル)とテクスチャを指定する方法と、JSON(モデル設定ファイル)を指定する方法があります。

【注意
ファイルのパス(保存場所)に日本語が含まれると読み込むことが出来ません。
モデルデータの保存場所に注意して下さい。

Model and Textrue (モデルとテクスチャを指定)

[Model]では、mocファイルを指定します。

[Texture(s)]では、テクスチャファイルを指定します。(復数指定可能)


準備ができたら[OK]ボタンをクリックします。


JSON(モデル設定ファイルを指定)

[JSON]では、model.json ファイルを指定します。


準備ができたら[OK]ボタンをクリックします。


ファイルが読み込めたら、画面にLive2Dモデルが表示されます。


【STEP 3 】 モデルを画面に合わせる

モデルの位置と大きさは、[Modeler Settings]の[Position]と[Scale]で調節できます。

[Live2D Params]では、各パラメータを設定できます。



Comments