#04 アプリとして配布しよう

    証明書の作成

アプリケーションファイルを作成するためには証明書が必要です。
正式な証明書ではなくても大丈夫です。
個人用のものなら簡単に作ることができるのでやってみましょう。

batフォルダの中にCreateCertificate.batというファイルがあります。
これを右クリックメニューから実行を選択すると、それだけで証明書を作成してくれます。
p12という拡張子のファイルが同じフォルダに作成されます。


証明書のパスワードをSetupApplication.batファイルから設定できます。
CERT_PASSという変数の部分です。
ここを変更してからもう一度作成しましょう。




    アプリケーションファイルの作成

プロジェクトのトップの階層にPackageApp.batというファイルがあります。
これがアプリケーションファイルを作成してくれます。
右クリックメニューから実行を選択してください。


成功するとairというフォルダのなかに拡張子がairのファイルが出来上がります。
このファイルを実行することでインストールできます。


注意
air拡張子が開けない場合はAdobeAIRがインストールされていない可能性があります。



インストールしようとすると以下のような画面になります。
証明書が個人のものだと発行者が不明となりますが、インストールは可能です。


完成したらぜひこのアプリを公開してみましょう!
起動したらデスクトップに常駐するので、工夫次第で面白いことができるかもしれません。


    まとめ

Live2D SDKはインディーズであれば無料で利用できます。
SDK内のコードなどのLive2D関連アプリの開発であればコピーや改変して使ってもOKです。

Cubism SDKについての詳しい解説は左側のメニューのアプリケーション開発からどうぞ

不明な点、要望、作品報告などはLive2Dコミュニティへどうぞ

お疲れ様でした!