Cubism SDK‎ > ‎プラットフォーム‎ > ‎WebGL‎ > ‎

サンプルの実行

ここでは、Adobe BracketsとGoogle Chromeを用いた実行方法を説明します。
推奨環境などはSDK付属のReadMeをご覧ください。


用意するもの
  • Adobe Brackets(ここでは1.0のバージョンを使用しています)
  • Google Chrome
  • Live2D SDK for WebGL

◆プロジェクトのインポート

Bracketsのメニューバーから、「ファイル」 > 「フォルダーを開く...」をクリックします。

SDKが入っているフォルダを選択します


◆Sampleプロジェクトの実行
sampleフォルダ > Simpleフォルダの中にある「siimple.html」を選択します

右上にある「ライブプレビュー」ボタンをクリックします

ライブプレビューの起動に成功すると色が変わりGoogle Chromeがたち上がります




◆sampleApp1プロジェクトの実行
sampleフォルダ > sampleApp1フォルダの中にある「sampleApp1.html」を選択します。
simpleプロジェクトと同様にライブビューで起動します。
マウスの右クリックでキャラクターが切り替わります。
マウスホイール上下でキャラクターの拡大縮小できます。



Comments