Cubism SDK‎ > ‎プラットフォーム‎ > ‎Cocos2d-x‎ > ‎Android‎ > ‎

プロジェクト作成チュートリアル - android

Last update: 2014/08/13

ここでは、Cocos2d-xの空のプロジェクトを作成後からLive2Dモデルを表示するまでの手順を説明します。

開発環境
本ドキュメントを作成する際に利用した開発環境
    • Windows 8.1 64ビット
    • Eclipse
    • Android SDK
    • Python 2.7.5
    • Live2D SDK for OpenGL 2.0beta2
    • Cocos2d-x 3.0.0
サンプルを動作させるための必須開発環境
  • Eclipse (Android開発プラグインのインストールが済んでいるもの)
  • Android SDK
  • Python 2.7.5以上
  • Live2D SDK for OpenGL 2.0以上
  • Cocos2d-x 3.0.0(3.0.0以外は未対応)


◆プロジェクトの作成と設定
初めにCocos2d-xでプロジェクトを作成し、そのプロジェクトにLive2Dを追加、実際にモデルを表示するという流れです。
空のプロジェクトを作成を参考に、新しくプロジェクトを作成します。
手順通りに進めるとC:\にYourGameTitleというフォルダが作成されます。

目次
1. Cocos2d-xで作成したプロジェクトをeclipseにインポートする
2. Live2Dを追加
                                                                                                                                                                

1. Cocos2d-xで作成したプロジェクトをeclipseにインポートする
1. Eclipseの設定を行います。

ウィンドウ>設定>一般>ワークスペース>リンクされたリソースの新規をクリックし、
名前:COCOS2DX
値:C:\cocos2dx\cocos2d-x-3.0

と、Cocos2d-xを設定します。
上記は例です。パスは環境に合わせて設定してください。


2. 続けてlibcocos2dxプロジェクトをインポートします。
Eclipseのメニューバーから、ファイル>インポートをクリック。インポート・ソースの選択で、
Android>Existing Android Code Into Workspaceを選択して次へをクリック。


ルート・ディレクトリーの参照からC:\YourGameTitle\YourGameTitle\cocos2d\cocos\2d\platform\android\javaを選択
libcocos2dxプロジェクトを選択して完了をクリック。


3. C:\YourGameTitle\YourGameTitle\proj.androidにある、build_native.pyを実行してください。
以下のようにコンパイルが始まります。


4. 2.と同様にYourGameTitleをインポートします。
ルート・ディレクトリーの参照からC:\YourGameTitle\YourGameTitle\proj.androidを選択
YourGameTitleプロジェクトを選択して完了をクリック。


5. 実行します。ここではCocos2d-xのサンプルが起動すれば成功です。
このチュートリアルを作成しているときは、AVDで実行しました。プロジェクト・ビルド・ターゲットをAndroid 4.4.2へ変更しました。
ライブラリーでlibcocos2dxへの参照ができていることを確認します。
もし、うまく参照できていない場合は、一度除去してから、追加しなおしてください。

仮想デバイスを利用して実行する場合、エミュレーション・オプションのホストGPUを使用するをONにします。

実行結果



2. Live2Dを追加
1. Cocos2d-xにLive2Dモデルのリソースを追加を参考にしながらリソースを追加します。

2. Live2Dのライブラリとインクルードをコピーを参考にしながらライブラリとインクルードをコピーします。

3. C:\YourGameTitle\YourGameTitle\ClassesにSampleLive2DSprite.cppとSampleLive2DSprite.hを作成します

4. Classesの中身を編集してLive2Dを描画できるようにします。
Live2Dを描画するためのコードを参考にしながらコードを記述します。

5. メイクファイルを編集します。
メイクファイルは、コンパイルの指示する仕組みで、
C:\YourGameTitle\YourGameTitle\proj.android\jni\Android.mkにあります。

太字の部分を追加してください。
(パスの設定のため、環境によって異なりますが、本チュートリアルでは以下のようになります)



LOCAL_PATH := $(call my-dir)

include $(CLEAR_VARS)

LOCAL_MODULE := liblive2d
LOCAL_SRC_FILES := ../../lib/android/$(TARGET_ARCH_ABI)/liblive2d.a
include $(PREBUILT_STATIC_LIBRARY)

include $(CLEAR_VARS)
LOCAL_CPPFLAGS := -DL2D_TARGET_ANDROID_ES2

LOCAL_MODULE := cocos2dcpp_shared

LOCAL_MODULE_FILENAME := libcocos2dcpp

LOCAL_SRC_FILES := hellocpp/main.cpp \
                   ../../Classes/AppDelegate.cpp \
                   ../../Classes/SampleLive2DSprite.cpp \
                   ../../Classes/HelloWorldScene.cpp

LOCAL_C_INCLUDES := $(LOCAL_PATH)/../../Classes \
$(LOCAL_PATH)/../../include

LOCAL_WHOLE_STATIC_LIBRARIES := cocos2dx_static
LOCAL_WHOLE_STATIC_LIBRARIES += cocosdenshion_static
LOCAL_WHOLE_STATIC_LIBRARIES += box2d_static

LOCAL_WHOLE_STATIC_LIBRARIES += liblive2d

include $(BUILD_SHARED_LIBRARY)

$(call import-module,2d)
$(call import-module,audio/android)
$(call import-module,Box2D)


6. C:\YourGameTitle\YourGameTitle\proj.androidにある、build_native.pyを実行します。



◆プロジェクトの実行
Eclipseの実行ボタンをクリックして実行します。


実行結果


Comments