Cubism SDK‎ > ‎プラットフォーム‎ > ‎Android‎ > ‎

サンプルの実行


ここでは、Live2D SDK for AndroidのEclipseでの実行方法を説明します。
推奨環境などはSDK付属のReadMeをご覧ください。



用意するもの
  • Eclipse(AndroidSDKのインストールが済んでいるもの。以下の例では日本語化した物を使用)
  • Live2D SDK for Android


◆プロジェクトのインポート

Eclipseのメニューバーから、「ファイル(F)」 > 「インポート(I)...」をクリック。


「一般」 > 「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選択し、「次へ(N) >」をクリック。


「参照(R)」をクリックし、SDKのディレクトリを指定して「OK」、プロジェクトがインポートされたことを確認してください。
その後、「プロジェクトをワークスペースにコピー(C)」のチェックを外します(※)

最後に、「終了(F)」をクリックしてインポートを完了します。


(※):
本SDKのプロジェクトで使用しているLive2Dのライブラリは、SDK内にあるものを相対パスで指定しています。
プロジェクトをワークスペースにコピーしてしまうとプロジェクトがLive2Dのライブラリを見失ってしまうため、
インポートするときにこのチェックを外すか、ワークスペースにコピーした後でライブラリを指定しなおしてください。


◆プロジェクトの実行
パッケージエクスプローラーで実行するプロジェクトを選択し、Eclipseの実行ボタンをクリック。
実行する環境は実機でもエミュレーターでも構いませんので、任意で選択してください。







Comments