初期化と終了

初期化

Live2Dクラスのinit関数を呼び出します。
アプリケーションでLive2Dを使用するまえに必ず一度だけ呼んでください。
一度も呼ばなかったり、連続で呼んだりすると動作が不安定になる可能性があります。
ただし後述するdispose関数を読んだ後ならば2回目以降でも呼ぶことができます。
Live2D::init();

初期化時には標準出力に以下のようにLive2Dのバージョン情報が表示されます。

Live2D version 1.0.00 for Platform 


終了

dispose関数を呼び出すとLive2Dが確保したすべてのリソースを解放します。
initを呼ぶ前には呼ばないでください。
基本的にはアプリケーションの終了時に呼びます。
例外としてメモリが非常に少ない環境で、必要ないときやライブラリを完全に切り離したいときは
この関数を呼ぶことでリソースを解放し、次に使うときにまたinitを呼ぶ、という使い方もできます。
Live2D::dispose();



Comments