03. モーションの再生確認

MotionQueueManagerにデバッグフラグをセットすることでモーションの再生情報を出力することができます。
setMotionDebugModeにtrueを設定することでデバッグモードになります。
その後、startMotionを行うたびにモーションのIDを出力します。

設定例
MotionQueueManager* motionMgr = new MotionQueueManager();
motionMgr->setMotionDebugMode( true );//デバッグモードにする
motionMgr->startMotion( motion , false );//モーションを開始


出力例
MotionQueueManager[size: 0]->startMotion() / L2D_NEW_TMP motion (m0)
MotionQueueManager[size: 0]->startMotion() / L2D_NEW_TMP motion (m1)



Comments