Cubism SDK‎ > ‎はじめに‎ > ‎

03. アプリケーションの実装方法

Live2Dアプリケーションの実装方法は大きく分けて以下の3種類になります。

1. ライブラリのみを使用して、アプリケーション側のコードを全て独自に実装する

自由度は最も高いですが、複雑な使い方をする場合はAPIの深い理解が必要になります。
表情の設定ファイル、物理演算の設定ファイル、ポーズ切り替えの設定ファイルを使用するコードは含まれていないので
それらのファイルを使わないか、独自で実装する必要があります。(これらの仕様はオープンなので比較的簡単に実装できます)

2. フレームワークを使用して、その他のコードを独自に実装する

株式会社Live2Dで作成したオープンソースのLive2D用フレームワークを使うことで効率よく開発できます。
フレームワーク部分はオープンソースであり、Live2Dアプリケーションのための変更や使用は自由です。

3. サンプルを改造して作成する

サンプルにはフレームワークを使用した基本機能がだいたい入ってるので
それを改造してアプリケーションに組み込む方法が最も簡単です。
JSONファイルから各種ファイルを読み込むサンプルコードがあるので
それを使うことで表示するモデルを手軽に設定できます。
    




Comments