02. インポート用のPSDの作り方

PSDインポート機能を使えば、PSD の原画から手早く Live2D モデルを作ることができます。
ここではPSDインポートで使うときのPSDを作る方法を説明します。


    インポートに適したPSDの作り方

塗りや線で分かれている状態ですと、別れた状態のままテクスチャになってしまうので、部品ごとに1枚のレイヤーにしておく必要があります。
下図のように1部品1レイヤーにすることで、Modeler で扱いやすいテクスチャを作ることができます。
レイヤーには部品ごとの名前をつけ、わかりやすくしておきましょう。

POINT!
結合後のレイヤーのルール
  • レイヤー属性は「通常」
     (乗算やオーバーレイなどのレイヤーは色がおかしくなる可能性があります。)
  • 「不透明度」と「塗り」は100%
     テクスチャ化するときに100%の状態で配置されます。不透明度で濃さを調整する頬ブラシなど、注意が必要。
  • 線画やクリッピングマスクを結合しておく
     1部品、1レイヤー。線画、塗り、影、クリッピングなどは結合して1つのレイヤーにします。
  • レイヤーマスクは使わない
     レイヤーマスクが残っている場合は、「レイヤーマスクを適用」で1まとめにしておきます。




 
  Photoshop用スクリプトを使う

Live2D_Preprocess(グループを結合する)

PhotoShopでレイヤーを結合させる場合は、PhotoShop用のスクリプトを使用することをおすすめします。
スクリプトはこちらのページからダウンロード出来ます。

スクリプトファイルを所定のフォルダに入れた後、
[ファイル]メニュー→[スクリプト]→[Live2D_Preprocess_v1.1]をクリックすると、グループが自動で結合されていきます。



TIPS : 結合したくないグループがあるとき
スクリプトを実行するとグループは一つのレイヤーに自動で結合されていきます。
例えば、顔の部品をまとめて「顔」というグループに入れておくと
せっかく分けた部品が結合されて1つのレイヤーになってしまいます。
この場合は部品ごとにグループを分けておきましょう。

また、整理のために「顔」グループを残しておきたい
「*」(アスタリスク)をグループ名の先頭につけておくと、グループは結合されなくなるので、
「顔」→「*顔」の状態にすれば、1つのレイヤーになるのを回避できます。



Live2D_Cleaning(ゴミを取る)

Photoshopでレイヤーを結合させた後は、ゴミ取り用のスクリプトをかけることをおすすめします。
スクリプトはこちらのページのページ下部からダウンロードできます。

スクリプトファイルを所定のフォルダに入れた後、
[ファイル]メニュー→[スクリプト]→[Live2D_Cleaning_v1.1]をクリックすると、ゴミ取りが開始します

TIPS : ゴミ取りをしないとどうなるの?
PSDのインポートデータに、消し残しなどのゴミがあると、インポートした際に綺麗に配置できません。
また、再配置Cなどを使ってパーツを移動した際に、ゴミが他のパーツに乗ることがあります。



このようなことを避けるため、部品ごとにレイヤーを結合した後(Live2D_Preprocessスクリプトをかけた後)に
Live2D_Cleaningスクリプトをかけます。
このスクリプトをかけると、レイヤーに対して自動でゴミ取りを行い、綺麗な状態でPSDをインポートすることができます。



Comments