01. テクスチャを再配置 A

※ Modeler2.1ではテクスチャを再配置Cができたため、テクスチャを再配置(旧方式)に移動しました。

テクスチャに配置されている部品を別の位置や別のテクスチャに再配置することができます。
再配置の2種類の方法があり、ここでは[テクスチャを再配置 A]について説明します。


    テクスチャの再配置 A の手順

【 STEP 1 】
[テクスチャ]メニュー→[テクスチャを再配置 A]をクリックします。

【 STEP 2 】
「テクスチャ再配置エディタ」が表示されます。

【 STEP 3 】
再配置時にどのようにテクスチャに反映させるかを設定します。
左上にある設定項目から設定します。
通常は、下図のようなデフォルトの設定のまま利用します。

  • 倍率
    再配置後の倍率。配置後のパーツにこの倍率が適用されて配置されるようになります。

  • テクスチャ転送元の領域をクリア
    有効にすると、再配置したときに元にあった画が削除され、移動したようになります。
    無効にすると、再配置したときに元にあった画がそのまま残されて、複製したようになります。
    元の状態 設定を有効にする 設定を無効にする

  • テクスチャ転送先の領域を上書き
    有効にすると、転送先にある画に上書きした状態で配置されます。
    無効にすると、転送先にある画の上に重なった状態になります。
    元の状態 設定を有効にする 設定を無効にする

【 STEP 4 】
配置するテクスチャを選択します。
テクスチャの画像を直接クリックで選択するか、左にある描画オブジェクトの一覧表から該当項目をクリックして選択します。

TIPS 【他のテクスチャを選択したい
上にある[テクスチャ番号]のボタンをクリックすると該当するテクスチャが表示されます。


【 STEP 5 】
選択したテクスチャをドラッグして再配置した場所に移動します。

TIPS 【他のテクスチャに再配置したいときは?
テクスチャを選択状態で、上にある[テクスチャ番号]のボタンをクリックして他のテクスチャを表示すると、再配置することができます。


【 STEP 6 】
移動先をダブルクリックすると再配置が確定されます。
[テクスチャ変更を適用する]ボタンをクリックしても確定できます。

POINT 【変更は慎重に!!】
テクスチャ再配置エディタ内で、テクスチャの変更はやり直し(Undo)ができません。
間違えたら[Cancel]ボタンをクリックして変更を反映させずに Modeler に戻ることになるので注意してください。


【 STEP 7 】
反映できれば下の[OK]ボタンをクリックします。
これでModeler のテクスチャに変更が反映されます。



TIPS 【空のテクスチャを作成する
右上にある[テクスタを生成]ボタンをクリックすると、1024 x 1024 サイズの空のテクスチャが生成されます。


空のテクスチャは一番後ろの番号で追加されます。




Comments