02. テクスチャ編集時の操作


    テクスチャ編集の基本

テクスチャ編集では、テクスチャを描画オブジェクトとしてキャンバスに配置するために、
テクスチャ画像を頂点と線で囲みポリゴンに当てはめる編集を行います。

ここでポリゴンを割り当てたテクスチャがキャンバスに配置されます。



    基本操作

頂点を追加
クリック

 
POINT

画面をクリックして頂点を追加すると、前に配置した頂点と線で繋がれます。

すでにある線をまたいで頂点を追加すると線で繋がれません。


頂点を削除
頂点の上で Alt+クリック

頂点のフォーカスを変えずに頂点を追加
Shift+クリック
(放射状に線を追加したいときに便利です)


線の削除
一度線の上に頂点を作成して、その頂点を削除
または、「線の編集」ボタンをクリックしてモードを切り替えて、線をクリック

ポリゴンの頂点の移動
Ctrl+ドラッグ
設置済みの頂点を動かすとテクスチャの表示が崩れます。
位置を変えたいときには、頂点を削除してから、新しく追加して下さい。

元に戻す
Ctrl+Z

やり直す
Ctrl+Y

点からポリゴンを自動生成
Ctrl+R
または、[点からポリゴンを自動生成]ボタンをクリック



    テクスチャ編集メニュー

テクスチャ編集画面の左側のメニューから、ツールの変更や設定、自動処理などへアクセスできます。



【メニュー】

左上の[編集]メニューから各アクションを行うことができます。
また、ショートカットキーの確認をすることができます。



[ポリゴン]メニューからポリゴンの自動生成や左右上下に反転をすることができます。




【ポリゴン】

点の挿入
ポリゴンの頂点を配置する基本のツールです。

線の編集
線の追加と削除だけを扱うツールに切り替わります。
2頂点を順番にクリックすることで線を引けます。
線をクリックで線を削除できます。

移動
ドラッグで頂点を移動できるツールに切り替わります。

点を増やす
ドラッグで頂点の数を増やすことができるツールに切り替わります。
頂点を増やしたいところをドラッグすることで、周囲の頂点の中間地点に新しく頂点が追加されます。


消しゴム
頂点をなぞって消すことができます。
Tab + ドラッグで消しゴムのサイズを変更できます。

点の挿入時に線を生成
チェックが入っていると、頂点を挿入したときに2点間の線が自動で生成されます。
チェックを外すと、頂点だけ挿入され、線は生成されません。


ポリゴンを4分割
ボタンをクリックすると、ポリゴンが自動で4分割されます。








点からポリゴンを自動生成
ボタンをクリックすると、頂点の間に自動的に線が挿入されてポリゴンを作られます。
自動生成を制御するための2つのオプションがあります。

[ポリゴンの再構成]
有効にすると、頂点だけを考慮してポリゴンの線を引き直します。
自分で結んだ線を残しておきたい場合は無効にしておきます。

[外周を保つ]
有効にすると、外周を保ちつつ自動生成します。
いびつな形をしたテクスチャ(まつ毛、髪の毛など)で使うと余計な線が結ばれることがなくなるので効果的です。
(「外周を保つ」を有効にした状態で自動生成を実行するには、あらかじめ頂点の外周を全てつないでおく必要があります。)


【テクスチャ】

画像選択
ボタンをクリックするとテクスチャ画像の一覧が表示されます。


【編集】

Undo / Redo
Undo(Ctrl+Z)で1つ戻って、Redo(Ctrl+Y)でやり直します。

更新
基本的には自動更新ですが、まれに更新されない場合に使用します。


【その他】

クリックを固定
チェックを入れておくと、クリックして頂点を挿入したときに頂点を動かさないようにロックをかけておけます。
チェックを外すと、ドラッグで点を動かすことができるようになります。
基本はチェックを入れておくようにして下さい。

点のインデックスを表示
チェックを入れておくと、インデックスが表示されます。


クリック時の選択範囲
クリックしたときに頂点や線に吸着される範囲を指定できます。
頂点や線が密集しているときには値を小さくすると挿入しやすくなります。

Comments