02. 描画オブジェクトの配置

PNGでテクスチャを取り込んだ際は、テクスチャからパーツを切り出して配置する必要があります。
その際には、下絵も必要になります。下絵の配置方法はこちらをご覧ください。

PSDを使ったインポートでは、自動でパーツが配置されます。
PSDインポートの場合でも、同じように描画オブジェクトを配置することが可能ですが、
その場合の描画オブジェクトは、PSDとのリンクが切れた状態のものになりますので注意しましょう。


   テクスチャの配置


「パーツ」パレットにある配置したいパーツ名をクリックし、選択状態にしてから、[テクスチャ一覧]ボタンをクリックします。



[画像選択]ウィンドウが開きます。
テクスチャがまだない場合は、まずテクスチャを追加します。
[ファイルから選択]ボタンをクリックして、使用するテクスチャ素材のファイルを読み込みます。



テクスチャが読み込めたら、画像をクリックします。



「編集」ウィンドウが開ますので、ここでテクスチャ素材からポリゴンを編集してパーツを切り取っていきます。
ポリゴンの点を配置してパーツを囲んで、下部の[OK]ボタンをクリックすると、描画オブジェクトとしてキャンバスに配置されます。

※ テクスチャ編集での操作方法については、こちらを御覧ください。


 

選択しておいたパーツに新しく描画オブジェクトが作られます。



描画オブジェクトを下絵に合わせて移動(拡大縮小)させれば配置完了です。




Comments