03. 下絵の配置


    下絵の配置

下絵の画像ファイルを読み込むには、画像ファイルを Modeler 上へドラッグ&ドロップします。




TIPS : 下絵読み込み時の注意点
デフォーマを選択したまま下絵の配置を行ってしまうと、下記の画像のように下絵がそのデフォーマの中に入ってしまい、大きさや位置が変わってしまいます。

下絵を配置する際は必ずデフォーマを選択していない状態で行ってください。






画像が読み込まれ[画像設定]ダイアログが表示されます。
使用方法は[下絵]をクリックして、サイズを設定し、[OK]ボタンをクリックします。



[パーツ]パレットの「[ 下絵 ]」パーツの中に画像が格納されます。
必要に応じてサイズや位置、[編集]パレットで不透明度(デフォルトで25%)を調整することができます。



配置が終われば「[ 下絵 ]」パーツをロックしておき、動かないように固定すると良いでしょう。



TIPS : 下絵の画質が粗いとき
下絵の画質が悪く、見えにくい場合は [表示]メニュー → [高画質モード] を選択すると
もとの解像度で表示することができます。






Comments