Cubism Modeler‎ > ‎デフォーマ‎ > ‎

03. デフォーマの配置(回転)

回転デフォーマを使って、パーツを変換することができます。名前は「回転デフォーマ」ですが、パーツを回転させる以外にもパーツを動かしたりパーツの大きさを変えたりすることもできます。パーツの透明度の調整も一応できますが、実際にあまり使われていない機能です。


     回転デフォーマ

回転
頭、腕などのようなパーツを回転デフォーマで回転させることができます。
  • 拡大
    回転デフォーマの丸い「拡大ハンドル」を調整することで、オブジェクトを拡大できます。



1. 新規デフォーマを追加したいパーツを選択します,
「パーツ」を選択します。


2. ダイアログから回転デフォーマを作ります。



3. 回転デフォーマの位置を合わせます。


4. 回転して角度を合わせます。



5. 描画オブジェクトを選択して、回転デフォーマを親に設定します。



6.親に設定したあとで回転デフォーマの位置と角度を調整したい場合は、Ctrl+Dragで変更できる。




7.ハンドルの大きさを調整したい場合は、Alt+Drag。




    クイックモードで回転デフォーマの作成
制限と手順は、曲面デフォーマと同様なので、「クイックモードで曲面デフォーマの作成」をご参考ください。。




    曲面デフォーマの編集

キーボードのキーを押しながらドラッグすると、子に影響をあたえないで曲面デフォーマを編集することができます。
詳細については、以下のチャートをご参考ください。




回転ハンドル

拡大ハンドル
 ・ Drag 回転 拡大
 ・ Shift + Drag 45度ごとに回転 【なし】
 ・ Alt + Drag (オブジェクトに影響をあたえず) 回転ハンドルの表示のみ拡大 【なし】
 ・ Alt + Shift + Drag 【なし】 【なし】
   
 ・ Ctrl + Drag (オブジェクトに影響をあたえず) 回転 (オブジェクトに影響をあたえず) 拡大
 ・ Ctrl + Alt + Drag (オブジェクトに影響をあたえず) 回転ハンドルの表示のみ拡大 【なし】
 ・ Ctrl + Shift + Drag (オブジェクトに影響をあたえず) 45度ごとに回転 【なし】
 ・ Ctrl + Shift + Alt + Drag 【なし】 【なし】