Cubism Modeler‎ > ‎基本操作‎ > ‎

15. アバターパレット

※髪や目などの色を変えるアバター制作には、アバター専用のライセンスと、 アバター専用のSDKが必要です。
 詳しくはお問い合わせ下さい。

    アバターパレットについて


アバターパレットは、カスタマイズ要素(主に色変更)を持つモデルを作る際に使用します。
[ウィンドウ]メニュー→[アバター]をクリックすると、アバターパレットが表示されます。








    カラーグループ設定


アバターパレットの[カラーグループ設定]をクリックします。




[カラーグループ設定]ウィンドウが表示されます。




カラーグループ
変換したいオブジェクトの基準色を設定します。

カラー変換
変換後の色を登録します。



次にカラーグループの[新規]をクリックします。
下記の画面が表示され、カラーグループ設定が行われます。

グループ番号はカラーグループを増やすごとに「1」から順に振っていきましょう。








    色変換方式


無変換
デフォルトの設定です。色変換を行わないものはこちらを選択します。
無変換は削除する事はできません。


色指定
現在こちらの機能はご利用できません。


色リスト
オブジェクトのベース色や線、影、ハイライト等の色をそれぞれ取り、一つ一つ色を変換します。※推奨方式


色相・彩度変換
オブジェクト全体の色相・彩度をまとめて変換します。



色リストで作成する場合

色変換方式は色リストに設定します。

今回は瞳の色を作るので、IDを「COLOR_EYE」にする等、分かりやすいように記入していきます。





続いて基本色を設定します。
色を選択した状態で[編集]を押すと[色]ウィンドウが表示され、色を設定できます。

 



まずは白【#FFFFFF】を作ります。白に変更できたら[OK]を押します。
色リストでカラーグループを作る際は、必ず白色【#FFFFFF】を作るようにしましょう。




色設定に白色が出来ました。
続いて瞳の色設定を作るため、[追加]をクリックします。




新たにできた色をクリックし、先程の[色]ウィンドウが表示されます。
次は元の瞳の色設定を作るため、スポイトで描画オブジェクトから色を取ります。




スポイトのボタンを押したままマウスを移動させ、
放した位置の色を取得することができます。




この手順で瞳の線と塗り、すべての色を取っていきます。
色がすべて取れたら[OK]を押します。



TIPS
後からカラー変換色の数が増えることを考え、
IDの後ろに番号を振るようにしましょう。



目の基準色を用意できましたので、
次はカラー変換設定を行います。
カラー変換の[新規]をクリックします。




[カラー変換設定]ウィンドウが表示されます。
まずは基本色用のカラー変換設定を作ります。
下記のようにIDや名前を分かりやすいよう記入し[OK]を押します。




基準色用のカラー変換設定が出来ました。
続いて変換色の設定を作るため、もう一度[新規]をクリックします。




次は青色に変換するようにしたいので、IDや名前を先程と違うように記入し[OK]をクリックします。





基準色と青色のカラー変換設定が出来ました。
ここまでできたら[OK]を押して一度カラーグループ設定を完了します。




先程作った「瞳」のカラーグループを、「目玉」オブジェクトと関連付けます。

1.まず「目玉」オブジェクトをクリックして選択した状態にします。

2.選択している状態で[アバター]パレットの[カラーグループ]から[瞳]を選択します。



これで「目玉」オブジェクトに瞳のカラーグループ設定が付きました。



関連付けができたら、[アバターパレット]で一つ一つ色を変え目玉の色を変えていきます。
まずカラー変換の項目から「青」を選択し、(白を除く)一番明るい色をクリックします。




すると[色]ウィンドウが表示されます。
[色]ウィンドウのカラーを変えることによって、オブジェクトも同じ色に変わります。





丁度良い色になったら[OK]を押します。





同じ手順で、ベースの色、暗い色、線の色とすべての色を変えていきます。




色リストの項目を選択して表示する色を変えることができます。




以上の手順で、さらに色を増やしたり、髪や肌など複数のカラーグループを作ることができます。




TIPS

カラー変換するオブジェクトが複数の色を使っている場合、
関連付けをした時点で基本色が変わってしまいます。

カラー変換する場合色が少ないか、細かくパーツを分けたものにしましょう。
※オブジェクト1つにつき、『ベース』『影』『ハイライト』『線』の
 4~5色程度が推薦です

<元の色>

<変換後の色>




以上が色リストでのカラー設定になります。





色相・彩度変換で作成する場合

色変換方式は色相・彩度変換に設定します。




基本色の色部分をクリックし、[色]ウィンドウを開きます。
スポイトでベースとなる色を一つ取り、良ければ[OK]を押します。




基準色を取り、設定が良ければ[OK]を押します。




続けてカラー変換設定を行います。
[新規]を押し、「基準色」と「変換色(今回は青)」のリストを作り、[OK]を押してカラーグループ設定を完了します。

このとき新規作成した変換色が白になってしまっているので、後ほど修正します。




キャンバス画面に戻ったら、先にカラー変換の色を基準色に変えておきます。
なにも選択していない状態でカラーグループから「瞳」を選択します。




基準色の色の部分をクリックして[色]ウィンドウを開き、
スポイトでベースの色を取ってOKを押しましょう。




基準色に戻せたら、オブジェクトとカラーグループを関連付けましょう。




青を選択すると色の設定が白になっているため、
色ウィンドウを表示し青に変換します。




以上が色相・彩度変換でのカラー設定になります。





    Animator、Viewerでの読み込みについて

現在、作成したカラーグループ設定のデータを
AnimatorやViewerに読み込むことは出来ません。
また、色変換後にmoc形式で書き出した際、変換した色はテクスチャに反映されません。





Comments