Live2D Viewer‎ > ‎

02. モーションの設定

モーションの再生にかかわる内容を設定できます。

ここで設定した内容はモデルの設定ファイル model.json に書き出されます。


フェードイン(ms)
このモーションに切り替わるまでの時間(ms)です。
.mtn ファイルに設定されたモーションのフェードインの値が表示されます。
モーションにフェード値が設定されていない場合は 1000 になります。

フェードアウト(ms)
次のモーションに切り替わるまでの時間(ms)です。
.mtn ファイルに設定されたモーションのフェードアウトの値が表示されます。
モーションにフェード値が設定されていない場合は 1000 になります。

フェードインの上書き(ms)
モーションのフェードイン値を上書きしたい時に、値を記入します。

フェードアウトの上書き(ms)
モーションのフェードアウト値を上書きしたい時に、値を記入します。

フェードイン/フェードアウトの仕組みについてはこちらのページをご覧ください。

ループ再生
ここにチェックを入れるとモーションを再生後に繰り返し再生します。
(ビューア用の設定なので、model.json には書き出されません。)

ループ再生時のフェードイン
ここにチェックを入れると再生時にフェードインしつつモーションを再生します。
(ビューア用の設定なので、model.json には書き出されません。)

音声
モーション再生時に合わせて再生する音声ファイルを指定します。
Viewer上での再生はmp3(FlashPlayerで読み込める形式) のみに対応しています。

グループ名
モーションのグループ名を半角英数で入力します。
「idle」にして「アニメーション」メニュー→「アイドリングモーション」をクリックすると、自動でモーションを再生するようになります。
サンプルでよく使われるグループ名は、「tap_body」や「pinch_in」、「shake」、「flick_head」などがあり、
どういうときに再生されるかでグループ分けして名前をつけると良いでしょう。

再生
ボタンをクリックするとモーションが再生されます。

再生してパラメータを記録
ボタンを押すと、下記のパラメータを選択するダイアログが開き、そのパラメータをmtnに記録することができます。
主に、Viewerで設定した物理演算をmtnに書き出すときに使います。
使い方はこちらのページをご覧ください。



Comments