PSD&テンプレ機能で簡単モデリング

対応バージョン:Cubism 2.1以降
(解説の一部でCubism Editor 2.0を使用しているので、最新版ソフトウェアと若干見た目や操作が異なる場合があります。)

Cubism 2.0 からモデリングを簡単にするサポート機能、PSDのインポート機能『テンプレート機能』が追加されました!
ここではこの2つの機能を使って簡単に Live2D モデルを作る方法を紹介します。



#01 インポート用のPSDを用意しよう
 #01 インポート用のPSDを用意しよう
 PSDの原画からインポート用のPSDデータを作るまでを説明します。

所要時間 5分

#02 PSDをインポートしよう
 #02 PSDをインポートしよう
 PSDのインポート機能を使って、自動でテクスチャ作成、ポリゴン割り当て、配置までを
 行います。
所要時間 5分

#03 テンプレートモデルを当てはめよう
 #03 テンプレートモデルを当てはめよう
 テンプレート機能を使って、作成中のモデルに既存のモデルの動きを転写します。

所要時間 15分

#04 おかしな箇所を修正しよう
 #04 おかしな箇所を修正しよう
 テンプレート適用したあとは、動き・形がおかしい箇所を修正してクオリティを上げます。
 パーツごとの修正方法を説明します。
所要時間 30分

#05 Animator でGIFアニメにしよう
 #05 Animator でGIFアニメにしよう
 出来上がったモデルを使って、Animator で GIF アニメを書き出します。
 自分でモーションを作る方法と、サンプルのモーションを流用する方法を説明します。
所要時間 20分