#05 WebGL上に書き出してみよう


それではブラウザで見れるように書き出しましょう。


    WebGL上に書き出しする

(1)Unityのメニューから[ File ] - [ Build Settings... ]を選択します


(2)WebGLを選択後、[ Build And Run ]を選択します




(3)新しくフォルダ作成し、フォルダーの選択をする(今回はHaruフォルダを作成)



サンプルの実行

用意するもの
  • Adobe Brackets(ここでは1.5のバージョンを使用しています)
  • Google Chrome(WebGL対応のWebブラウザ)

◆プロジェクトのインポート

Bracketsのメニューバーから、「ファイル」 > 「フォルダーを開く...」をクリックします。

SDKが入っているフォルダを選択します

◆Sampleプロジェクトの実行
sampleフォルダ > Simpleフォルダの中にある「simple.html」を選択します

右上にある「ライブプレビュー」ボタンをクリックします

ライブプレビューの起動に成功すると色が変わりGoogle Chromeがたち上がります

◆sampleApp1プロジェクトの実行