#04 オリジナルモデルを組み込もう

それではサンプルプロジェクト「Demo」をオリジナルモデルに変更してみましょう。
今回はサンプルで公開されてる初音ミクモデルに変更します。
オリジナルモデルに変更する時も同じ手順になります!




    初音ミクモデルに変更する                                

 (1)Live2Dのサンプルデータ集 から初音ミクダウンロードします


 (2)Live2D Cubisum Modelerを起動し、初音ミクのファイルをドラッグ&ドロップする


 (3)メニューから[ ファイル ] - [ mocファイル書き出し ]を選択します



 (4)新規フォルダを作成し、作成したフォルダの下にmocファイルを保存します



 (5)出力されたmocファイルの名前に.bytes拡張子を追記します



(6)UnityのDemoプロジェクトを開き、Projectビューにmikuフォルダをドラッグ&ドロップします


(7)HierarchyビューでLive2DModelを選択すると、Inspectorビューにモデル情報が表示されます


(8)Projectビューのmodel.mocをInspectorビューへドラッグ&ドロップします


(9)テクスチャもSizeを1にし、model.1024フォルダ配下のtexture_00をドラッグ&ドロップします


(10)上部にある実行ボタンを押下するとモデルが初音ミクに変わります(マウスでドラッグすると目で追うよ!)


※ WebPlayerで見たい人はこちら



(11)再度、実行ボタンを押下すると止まります



次回は、このページのようにWebで実行できるように書き出ししてみましょう!