#02 インタラクティブに動かそう

    マウスで動かしてみる

モデルに基本的なパラメータが設定してあれば特に設定しなくても、アニメーションさせることができます。
マウスでドラッグしてグリグリ動かしてみると、それを追いかけるようにアニメーションします。



以下のパラメータがドラッグに応じて変化します。
動きをつけていなくても問題ありません。
  • 角度 X、Y
  • 目玉 X、Y
  • 体の回転 X


    髪揺れの追加

次に物理演算の設定を追加して、髪を揺らしてみます。

オリジナルモデルの場合

標準的なパラメータに合わせて「髪揺れ 前」、「髪揺れ 後ろ」パラメータを設定していれば、Viewerに内蔵のサンプルデータを使うことができます。
ファイル>サンプル>物理演算:髪揺れ
を選択してください。


サンプルモデルの場合

ダウンロードしたZipファイルのruntimeフォルダの中に物理演算の設定ファイルが付属しています。
physics.jsonという拡張子のファイルをドラッグ&ドロップしてください

この状態で再びマウスでドラッグしてみましょう。
髪が揺れるようになって、自然な動きになったと思います。

注意
オリジナルモデルの場合は必ずしも自然に揺れるとは限りません。
その場合は詳細設定が必要です。



    待機モーションの追加

簡単なモーションの設定を行います。
Live2Dでは待機中に再生し続けるモーションをアイドリングモーション(またはアイドリング)と呼んでいます。
操作していないときは、アイドリングを常に再生し続けるようにしましょう。

モーションデータがない場合

モーションデータがない場合でも大丈夫です。
デフォルトのパラメータに従ってモデルを作っていれば、Viewerに内蔵のサンプルデータを使うことができます。
ファイル>サンプル>モーション:アイドリング
を選択します。

モーションデータがある場合

モーションデータがある場合は、ファイル名に「idle」という文字を含んだ形式にしてからドラッグ&ドロップしてください。
そうすることでアイドリングモーションとして認識されます。


これで操作していなくても動き続けるようになりました。



最後にデスクトップに表示して動かしてみましょう。