Live2D用語集

    オブジェクト

Modeler のキャンバスに配置されている1つひとつの要素。
(描画オブジェクトやデフォーマ、下絵などキャンバス上で選択できる単位)


    シーン

タイムライン上の1つ以上のモーションから構成されるアニメーションの単位。
Animator上で複数のシーンを作成・編集することができる。


    テクスチャ/テクスチャファイル

原画となる(レイヤーで別れた)イラストを細かい部品毎に分解し、それらの部品を1枚の平面に配置し、お互いが重ならないように並べた画像。
通常、フォーマットはPNG形式、画像サイズは2のn乗の正方形(256 x 256、512 x 512、1024 x 1024、2048 x 2048)で作成する。


    パーツ

「右眉」や「鼻」等、ユーザーがキャラクターの構成要素として取り扱う単位。
基本的に、各パーツは内包する1つ以上の描画オブジェクトやデフォーマから構成される。


    描画オブジェクト

テクスチャ上の一部をポリゴンを割り当てることによって分離した編集・変形用のオブジェクト単位。
各描画オブジェクトは、割られたポリゴンとそれが囲んでいるテクスチャの一部から構成される。


    デフォーマ

描画オブジェクトの頂点をまとめて動かすことができるオブジェクト。
曲面状に形を作ることができる「曲面デフォーマ」と、回転・拡大縮小ができる「回転デフォーマ」がある。


    ポリゴン

編集・変形用に打たれる頂点によって作られる三角形とその集合を指す。
ポリゴンによってテクスチャから分離しキャンバスに配置した個別の各オブジェクトは「描画オブジェクト」。


    ポリゴンを割り当てる

テクスチャの各部品にポリゴンを当てはめる作業のこと。
頂点を追加するポリゴンの割り当て作業はModeler上の「テクスチャ編集」で行う。


    モーション

Animator上でパラメータを調整して作る「動き」。


    モーションデータ

シーンに含まれるモーションを呼び出し可能な形式(.mtn)で書き出したファイル。


    モーションを作成/つける

Animator上でパラメータを調整して「動き」をつけること。


    キーフォーム

パラメータ上の各キーによって指定される形状。
(あるパラメータに3つキーが打たれ、それぞれのキーが異なる形状を指定している場合、
 同パラメータ上には3つのキーフォームが存在する)