iOS

    Q. Live2D SDK for iPhoneはiPadでは使えますか?
    A. はい。使うことができます。




    Q. Appleの新しい言語であるSwiftから、Live2D SDKを使うことができますか?
    A. はい。使うことができます。

Live2DはC++のライブラリですが、SwiftからC++を呼び出すことができます。
ただしそのままではできないので、一旦ObjectiveCを経由する必要があります。
SwiftネイティブへのLive2D対応は未定です。




    Q. 実機では動くのにシミュレータで動きません。
    A. まずはLive2Dを使っていない通常のプロジェクトが動作するかご確認下さい。

開発者証明書の設定などがうまくいっていない可能性があります。
現在のLive2Dライブラリは実行構成ごとに4種類含まれるので
パスが正常に通っているかどうかご確認ください。
  • シミュレータ Debug
  • シミュレータ Release
  • 実機 Debug
  • 実機 Release




    Q. Live2Dの前面にボタンなどの配置はできますか?
    A. 可能です。

詳しくは システム、GUIとの連携について を参考にして下さい。



    Q. ビューを操作するとモーションが止まってしまいます。
    A. システムのタイマーの更新が止まっている可能性があります。

詳しくは ビューを操作するとモーションが止まる件について を参考にして下さい。




    Q. OpenGLのバージョンは?
    A. OpenGL ES1です。

ES2を使いたい場合はLive2D SDK for OpenGLをご利用下さい。




Comments