Cubism Animator‎ > ‎基本操作‎ > ‎

13. 組込用モーションデータのインポート

Animator から書き出した mtn ファイルを再びアニメータにインポートすることができます。


    .mtn インポート設定

mtnファイルを Animator にドロップすると、[.mtn インポート設定]ダイアログが開きます。


インポートするパラメータ
ここで選択されたパラメータをタイムラインにインポートします。

パラメータを選択するには、パラメータ名をクリックします。
[Ctrl]+左クリックで選択項目を追加でき、[Shift]+左クリックで複数選択できます。
もう一度クリックすると選択が解除されます。

許容する誤差
mtnファイルにあるパラメータ値からどの程度誤差を許容してインポートするかを設定します。
mtnファイル自体がフルフレームでパラメータ値が記載されているので、0%に設定すると
フルフレームでキーフレームが設定された状態でインポートされます。
インポートしたキーフレームを編集しやすいようには、ここの値を増やしてからインポートしてください。
(髪揺れをインポートする場合は5%くらいがお勧めです)

選択されているフレームに挿入
これにチェックを入れると、タイムラインで指定したフレームにフレームを挿入することができます。
チェックを外すと、タイムラインの先頭に挿入されます。

試しに顔の角度のだけのパラメータをインポートしてみます。
[許容する誤差]は今回はそのままで「0%」にしておきます。



このように、顔の角度だけキーフレームを取り込むことができました。



今度は[許容する誤差]を5%にしてインポートしてみます。



このように、キーフレームが少ない状態でインポートされます。
もとのmtnファイルで書き出された動きにとても近い状態でかつ、編集しやすいキーフレーム配置で取り込むことができました。




TIPS : 物理演算のモーションをインポートする

物理演算をモーション(mtnファイル)に追加する」ページで作成した mtn ファイルから髪揺れなどの物理演算だけをインポートすることで、
髪揺れを自動的に作成することができます。

インポートするときに、[許容する誤差]を5%くらいにしてインポートすれば編集しやすいキーフレーム配置になるので、
手づけで髪揺れの演出を加えるときにお勧めです。

手順としては、
      1. Animator で物理演算以外のモーションを作成する
      2. Animator で mtn ファイルに書き出す
      3. Viewer で物理演算を設定
      4. Viewer で物理演算で動くパラメータを 2.の mtn ファイルに追加する
      5. Animator で4.の mtn ファイルをドロップして該当パラメータをインポートする
となります。
Comments