Cubism Animator‎ > ‎基本操作‎ > ‎

05. キーフレーム補間法の変更

デフォルトのキーフレーム補間法は自動カーブ補間になっています。
[ / ]ボタンをクリックすることで、リニア補間に変更することができます。
注意:リニア補間は仮実装のためUndoができません。



※  カーブエディタでパラメータの推移を確認するときには、[ / ]ボタンをクリックして有効にしたあと、
 一度カーブを非表示にして、もう一度表示させる必要があります。



    自動カーブ補間

キーフレーム間のパラメータ値がカーブを描くように変化します。
パラメータ値の変化率が動き始めは加速し、終わりには減速するので、人の動きに近い自然なアニメーションになります。
特別な理由がない限り、この補間法にしておきましょう。




    リニア補間

キーフレーム間のパラメータ値の変化率が一定になり、アニメーションが機械的になります。

Comments