03. 静止画(連番)の書き出し

アニメーションを連番の静止画(PNG形式かJPEG形式)で書き出すことができます。


 
  静止画(連番)出力設定


[ファイル]メニュー→[書き出し]→[静止画(連番)]をクリックします。



出力設定のダイアログが開きますので、設定を入力して[OK]ボタンをクリックします。


設定項目概要
 幅 / 高さ 出力する画像のサイズを設定します。
 「縦横比を固定」にチェックを入れると、「幅」か「高さ」を入力したときに比率を合わせた数値がもう片方に自動的に入力されます。
 書き出し範囲 書き出す範囲を指定します。
 高品質 一度、2倍のサイズで画像を描画した後に設定した画像のサイズに縮小して出力します。
 高品質になるので、問題ない場合はチェックを入れておくことをお勧めします。
 ぼかし使用(チェックを外すと高速出力) Vector 版のモデルを読み込んだ時に、ぼかし表現を出力できるようになります。
 Cubism 版のモデルを使用する場合は影響ありません。
 Live2Dロゴを表示 Live2Dロゴを載せて画像を書き出します。


連番画像を書き出すフォルダを指定し、ファイル名を入力します。
ファイルのタイプは「PNG形式」と「JPEG形式」から選ぶことができます。
準備ができたら[保存]ボタンをクリックします。



書き出しが完了すると、保存したフォルダが表示されます。
このように、ファイル名が連番となった画像ファイルが出力されます。



Comments