Cubism Animator‎ > ‎基本操作‎ > ‎

11. mtnファイルの書き出し

モーションが完成したら[ファイル]メニュー→[モーションデータを出力]で mtn ファイルを書き出します。


 
  モーションデータ設定


書き出しシーン設定

全シーンを出力
全てのシーンを書き出します。

選択中のシーンを出力
選択中のシーンだけを書き出します。


シーン設定

フレームレート
入力したフレームレート値で書き出します。

ワークエリアを出力
有効にするとワークエリアの範囲だけを書き出します。


書き出し対象

パラメータ
コンボボックスの設定内容に合致するパラメータを書き出します。

パーツ表示切り替え
コンボボックスの設定内容に合致するパーツ表示切り替えを書き出します。

書き出し対象の設定内容
 書き出さない 全く書き出されません。
 全てのパラメータ 全てのパラメータを書き出します。
 変化のあるパラメータ 値が変化しているパラメータを書き出します。
 デフォルト値から変わっていても常に一定の場合は書き出しません。
 キーのあるパラメータ フレームにキーがあるパラメータを書き出します。
 シャイではないパラメータ シャイ([-]アイコン)が有効になっていないパラメータを書き出します。

位置を書き出し
[配置&不透明度]の[位置]パラメータの値を書き出します。

拡大縮小を書き出し
[配置&不透明度]の[倍率]パラメータの値を書き出します。


書き出し形式

.mtn テキスト形式(標準)
この形式にした場合、テキストエディタで開いて中身を確認・編集できます。

.mtnb バイナリ形式
この形式の場合、組み込み時にモーションファイルのロードが少しだけ高速になります。

.mtn / .mtnb 変換ツールを起動
それぞれの形式に変換するツールを起動します。


TIPS
特に理由がない場合は下記の設定で書き出して大丈夫です。



Comments