Cubism SDK‎ > ‎プラットフォーム‎ > ‎Unity‎ > ‎Cs版(推奨)‎ > ‎

プラグイン版からCs版へ移行する際の注意

プラグイン版(旧版 非推奨)で作っていたプロジェクトをCs版にしたいという場合、以下の点が異なります。

・描画の仕様による各種変更
・ライブラリの言語によるパフォーマンス低下
・描画命令の関数名
・テクスチャの扱い方



・描画方式の仕様による各種変更
プラグイン版とCs版は、描画方式の仕様が違うため、描画命令を呼び出すタイミングが異なります。
詳細は こちら を参照してください。
また、プラグイン版では必須だった、UnityエディターのOpenGLモードでの起動が、Cs版では不要になります。


・ライブラリの言語によるパフォーマンス低下
プラグイン版はライブラリがC++で書かれているため、高いパフォーマンスで動作しますが、
Cs版はC#で書かれているため、プラグイン版よりもややパフォーマンスは落ちてしまいます。
動作はCs版のほうが安定しております。


・描画命令の関数名
プラグイン版の描画命令は、Live2DModel.drawLater() ですが、Cs版ではLive2DUnity.draw()になります。


・テクスチャの扱い方
プラグイン版では、テクスチャ用の画像はMaterialとして扱っていましたが、
Cs版から画像のまま(Texture2Dクラス)扱うようになりました。

Comments