モデルのローカル座標について

Live2DModelerでは一般的な画像と同様の座標を使っています。
左上を原点とし、右下が+方向です。
上部メニューのファイル>ドキュメント設定から全体のサイズの設定ができます。
各ポリゴンはこれらを基準にして座標が決まります。
モデルデータを書きだして、そのまま表示しようとした場合はこのサイズで描画されることになります。

Live2Dローカル座標系
Comments