Cubism Modeler‎ > ‎テクニック‎ > ‎

描画オブジェクトを反転して配置

描画オブジェクトは反転して配置することができます。

反転して配置することで、左右の形が同じ2つの描画オブジェクトを1つのテクスチャからつくることができるので、
テクスチャの領域を節約することができます。

ただ、環境によっては稀に実機上で反転したものが表示されない場合があるので、
実機で検証した上で制作を進めることをお勧めします。


まず、反転したい描画オブジェクトを配置して、

丸の部分をつかんで、

反転させるようにドラッグします。

反転できました。


もしも、反転した描画オブジェクトが表示されない場合は、「編集」パレットの「オプション」ボタンをクリックして、
「カリング」欄の設定を、「オフ(両面描画)」にしてください。(デフォルトの設定ではオフ(両面描画)になっています。)



Comments