Cubism Modeler‎ > ‎

モデル制作の流れ

モデル制作の流れを箇条書きで紹介します。

下絵とテクスチャ素材の準備ができたら、Live2D Cubism Modeler (以下、Modeler)を使って、モデルの制作に移ります。

 下絵 テクスチャ素材(体) テクスチャ素材(顔)



テクスチャ素材から描画オブジェクトを作成し配置する。  (テクスチャの配置

・新規作成で、下絵の画像サイズと同じくらいのキャンバスを作り、下絵を配置する。
・テクスチャ素材のポリゴン割り当て  (ポリゴンの割り当て方)(ポリゴンの割り当て方の注意点
・描画順の設定  (描画順について
・必要なパーツ項目の生成  (パーツの生成


デフォーマを配置する。  (デフォーマについて

・デフォーマの構造を設計。  (デフォーマの構造(全体)) 
・描画オブジェクトにデフォーマを配置し、親子関係の設定をする。  (デフォーマの配置


パラメータを設定し動きをつける。  (パラメータについて

・デフォーマと描画オブジェクトにパラメータを割り当てて、動きを付ける。  (パラメーターの設定方法)(パラメータ削除の注意点


                    Tips
動きをつける順番は一概には言えませんが、下記の順番がおすすめです。

          1. 首を左右に傾げる、角度Z
                     顔の角度Z → 後ろ髪の角度Z

2. まゆ毛、口 などの顔の部位の変形  (動きをつける(X,Yの動き))(動きをつける(親子関係のある動き)

3. 顔の左右の向き、角度X
顔の輪郭 → 顔の部位(目・鼻・口・耳など) → 髪の毛

4. 顔の上下の向き、角度Y
顔の輪郭 → 顔の部位(目・鼻・口・耳など) → 髪の毛

5. 髪の毛の横揺れ

6. 体の左右の向き、体の回転X
体の部位(体・服・下半身) → 首の位置 → 腕の位置

7. 腕の動き

8. 体全体の動き
呼吸 → 体の回転Z


パラメータのバーを動かして、おかしい箇所がないか動作確認をする。
Comments