テクスチャの配置

ファイルの新規作成

[ファイル]メニューから[新規]をクリックします。
「保存設定」ウィンドウが開きますので、ここでキャンバスのサイズを設定します。
設定するサイズは下絵のサイズと同じ程度が良いでしょう。

今回は下絵のサイズが 1024 x 1024 なので少し大きい 1000 x 1200 で進めます。
[OK]ボタンをクリックすると、新しいキャンバスが作成されます。


キャンバスパレットの左下にある背景色の枠をクリックすると、カラーピッカーが表示されますので、
お好みの色に設定してください。


下絵の配置

まずは下絵をキャンバスに配置します。

下絵の画像ファイルを Modeler 上でドラッグ&ドロップすると、画像が読み込まれ「画面設定」ウィンドウが表示されます。
「目的」は[下絵]、「タイプ」は[高速]になっていることを確認して、[OK]ボタンをクリックします。

「パーツ」パレットの「[ 下絵 ]」パーツの中に画像が格納されます。
必要に応じてサイズや位置、不透明度(デフォルトで25%)を調整します。

配置が終われば「[ 下絵 ]」パーツをロックしておき、他の素材の配置時に邪魔にならないようにすると良いでしょう。


Tips
[表示]メニューから[グリッドを表示]にチェックを入れて、グリッドに合わせて下絵を配置すると、
左右対称の動きを付ける場合等に基準が明確になって、後々便利かもしれません。


テクスチャの配置

次に、下絵をもとにしてテクスチャを配置します。

「パーツ」パレットにある配置したいパーツ名をクリックし、選択状態にしてから、[テクスチャ編集]ボタンをクリックします。

「画像選択」ウィンドウが開きますが、まだテクスチャ素材がありませんので、画像を追加します。
[ファイルから選択]ボタンをクリックして、使用するテクスチャ素材のファイルを開きます。


「編集」ウィンドウが開ますので、ここでテクスチャ素材からポリゴンを編集してパーツを切り取っていきます。
ポリゴンの点を配置してパーツを囲んで、下部の[OK]ボタンをクリックすると、描画オブジェクトとしてキャンバスに配置されます。

※ テクスチャ編集での操作方法については、こちらを御覧ください。
  また、ポリゴンの割り当て方法については、こちらに詳しいテキストがあります。


配置された描画オブジェクトを下絵に合わせて移動(拡大縮小)させれば配置完了です。

Comments