描画順について

テクスチャの配置を進めていくと、描画オブジェクトの重なりがおかしくなる箇所が出るかもしれません。
これは「描画順」という値を設定することによって解決できます。



描画オブジェクトは「描画順」という設定値を持っています。

描画順は 0 ~ 1000 までの値で、大きい値の描画オブジェクトが前面に表示されます。

描画順の値が等しいとき、「パーツ」パレットの下部にあるパーツが前面に表示されます。


[顔]パーツにある、「D_FACE.00」と「D_FACE.01」の描画順がそれぞれ「500」のときは、
「D_FACE.01」が前面に表示されます。

「D_FACE.00」が「600」、「D_FACE.01」が「500」のときは、
「D_FACE.00」が前面に表示されます。

下絵は描画順が「1000」で、下部にあるので、常に前面に表示されます。


■描画順の設定

下絵以外の描画オブジェクトは、生成されたときの描画順は「500」です。
デフォルト描画順を参考にして値を設定してください。

描画順を設定したい描画オブジェクトのIDをクリックして選択状態にします。
[編集]パレットにある「描画順」の「塗」の値を変更すると設定できます。

「線」の値は関係ありません。


値の横にある三角マークのボタンをクリックすると、1、10、100 きざみで値を設定できます。


■デフォルト描画順について

描画オブジェクトがまだ配置されていないパーツ項目に描画オブジェクトを配置すると、描画順の値はデフォルト描画順の値が適応されます。

描画オブジェクトがすでに配置されているパーツ項目に配置すると、「編集」パレットの「描画順」の値が適応されます。
つまり、前回選択した描画オブジェクトの描画順の値が適応されます。

Comments