物理演算をモーション(mtnファイル)に追加する


Live2D Viewer バージョン 1.1.5 以降の機能です。
これより前のバージョンの場合はアップデートをして下さい。

アニメータで書き出したmtnファイルに髪揺れなどの物理演算を追加することができます。
さらに、物理演算を追加したmtn をアニメータに読み込むことで、物理演算付きの動画を書き出すことができるようになります。


まず、Live2D Viewer に モデルデータ(mocファイル)、物理演算設定(jsonファイル)、モーション(mtnファイル)を読み込みます。

物理演算を追加したいモーションを選択して、「記録」ボタンをクリックします。

「記録」ボタンをクリックすると、記録するパラメータを選択するウィンドウが出てきます。

ここで追加したい物理演算で動くパラメータにチェックを入れます。

するとモーションが再生されて、チェックを入れたパラメータの値を記録します。
※このときに、モデルは動かさないようにしておいて下さい。

記録が終わったら、記録されたパラメータ値が表示されます。
最後に、「保存」ボタンをクリックして、mtn ファイルを保存します。


※追加した物理演算のモーションが何だかおかしくなっている場合

記録中にモデルを触らないようにして下さい。
また、モーションの記録を行う前に下図の「モーションの停止」「パラメータをデフォルト値に戻す」を行ってから書き出してみてください。


Comments