物理演算の簡単設定

物理演算を設定する際に、「簡単設定」にチェックを入れると、簡単な操作で設定が行えます。

自動的に設定される項目があり、「基本」タブの中だけで設定内容が完結するので楽になります。
反面、「入力」タブと「出力」タブでの設定項目がロックされるので、細かい調整が難しくなります。
細かく調整したいときには、「簡単設定」のチェックを外せば、すべての値を調整できるようになるので使い分けると便利です。
ただ、もう一度「簡単設定」モードになると、自動設定される値が上書きされるので注意が必要です。


サンプルの前髪の物理演算を簡単設定モードにするとこのようになります。


入力X1/X2
水平方向(X軸)にかかるパラメータを割り当てます。
主に入るパラメータの例は、顔の角度X(PARAM_ANGLE_X)、体の回転X(PARAM_BODY_ANGLE_X)があります。

入力Z1/Z2
回転方向(Z軸)にかかるパラメータを割り当てます。
主に入るパラメータの例は、顔の角度Z(PARAM_ANGLE_Z)、体の回転Z(PARAN_BODY_ANGLE_Z)があります。

出力
物理演算によって影響を受けて動くパラメータを割り当てます。
前髪の揺れを作りたければ「PARAM_HAIR_FRONT」、後ろ髪の揺れを作りたければ「PARAM_HAIR_BACK」を入れます。


ラベル名の変更

ラベルのプルダウンメニューを右クリックして出る「名前を変更する」をクリックすると、ラベル名を変更できます。



Comments