Live2D Cubism Editor - 使い方の説明



デモンストレーションの内容

1. 原画・テクスチャの用意

1.1 原画

Live2Dモデルの原画について

[チェックリスト] - ステップ1
http://sites.cybernoids.jp/cubism/preparation/checklist


1.2 パーツを配置してテクスチャを作成

原画をパーツ分けして、1024x1024サイズのキャンバスに配置する

[チェックリスト] - ステップ2、3
http://sites.cybernoids.jp/cubism/preparation/checklist


2. Cubism Modeler

【基礎】

2.1 Live2D モデルの仕組み

完成済みのモデルを動かす


2.2 描画オブジェクトの配置

テクスチャにポリゴンを割り当て、描画オブジェクトとしてキャンバスに配置する
ポリゴンを割り当てるときのアドバイスや注意点

[テクスチャの配置]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/texture/placement
[ポリゴンの割り当て方]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/texture/edit


2.3 パラメータについて

パラメータの簡単な説明
顔のテクスチャに左右の動きのパラメータを割り当てる

[パラメータについて]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/parameter/about
[パラメータの設定方法]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/parameter/setting


2.4 デフォーマについて

デフォーマの簡単な説明
曲面デフォーマと回転デフォーマについて
オブジェクトの親子関係について

[デフォーマについて]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/deformer/about
[デフォーマの配置]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/deformer/placement-basic
[デフォーマの配置(回転)]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/deformer/placement-rotation


【便利機能】

2.5 変形パス

変形パスの使い方
後ろ髪の揺れや眉毛の形を作る

[変形パス]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/technic/path-tool


2.6 ソフト選択ツール

ソフト選択ツールの使い方
顔の輪郭を柔らかく動かしてみる

[ソフト選択ツール]


2.7 形状のコピー・ブレンド

図形を使ってブレンド機能の説明

[形状のコピー・ブレンド(PRO限定)]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/technic/blend


2.8 4隅の形状を自動生成

上下左右の振り向きだけの状態から斜め方向の形状をを1ステップで作る

[4隅の形状を自動生成]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/technic/blend2


【書き出し】

2.9 開発用モデルデータ(mocファイル)の書き出し

開発用のモデルデータを書き出す
書き出したmocファイルは後で Live2D Viewer で使う

[mocファイルの書き出し]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/modeler/basic/export/moc-export


3. Cubism Animator

【基礎】

3.1 画面の説明(シーン・タイムライン)

主要なパレットの説明


3.2 素材の読み込み(Live2Dモデル・音声ファイル

素材となるファイルを Animator にドロップする

[素材の読み込みとモデルの配置]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/animator/basic/import


3.3 キーフレームの操作

簡単なモーションを作成して、キーフレームの操作について説明

[トラックの基本操作]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/animator/basic/track


【便利機能】

3.4 リップシンク/音声ファイルから自動的にシーンを生成

音声ファイルをトラックに配置して、リップシンクで口の動きを自動的に追加する

[音声ファイルからシーンを生成]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/animator/basic/sound-utility


3.5 テンプレート

テンプレートの作り方
まばたきをテンプレート化して便利に使う方法

[テンプレートの作成と管理]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/animator/basic/template


3.6 カーブエディタ

カーブエディタの使い方

[カーブエディタ] (2013/12/24追記)

【書き出し】

3.6 動画の書き出し

出来上がったモーションから動画を書き出す


3.7 開発用モーションデータ(mtnファイル)の書き出し

開発用のモーションデータを書き出す
書き出したmtnファイルは後で Live2D Viewer で使う

[mtnファイルの書き出し]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/animator/basic/export-mtn


4. Live2D Viewer

4.1 モデル/モーションデータの読み込み

moc ファイルと mtn ファイルをドロップして読み込む

[モデルとモーションの読み込み]


4.2 モーションの調整(フェード値の設定・音声ファイルの指定)

モーションに音声ファイルを割り当てて、再生時に音声が流れるようにする
「驚き」のモーションにフェード値を設定して、正しく再生されるように調整する



4.3 物理演算の設定

前髪の物理演算を設定する

[物理演算の設定]


4.4 表情の調整

違った表情でモーションを再生できるように設定する

[表情の設定]


4.5 サンプル設定を追加

サンプルとして用意されている各設定を追加する方法を説明

[サンプル設定を追加]
http://sites.cybernoids.jp/cubism/live2dviewer/basic/sample-setting


4.5 モデル設定ファイルの書き出し

これまでに設定した内容を保存する方法を説明

[モデル設定ファイルの書き出し]

Ċ
稲田修一,
2013/12/19 22:04
Comments