Cubism Animator‎ > ‎テクニック‎ > ‎

カーブエディタ(2.0以降)

Cubism Animator 2.0以降の機能の説明が含まれています。ご注意ください。

カーブエディタを使えば、図形を扱うようにキーフレームの値を調整することができます。



カーブエディタを使用するにはまず、「タイムライン」パレットの「カーブ」ボタンをクリックします。

すると、タイムラインの表示が変わります。この状態では、まだカーブが表示されていません。

パラメータをクリックすると、カーブが表示されます。
カーブは複数表示させることもできます。


キーフレームをドラッグすることで、パラメータ値を編集することができます。

また、通常のタイムラインと同じような感覚でキーフレームの追加と削除ができます。
カーブ上で「Ctrl」+左クリックでキーフレームを追加、
キーフレーム上で「Ctrl」+左クリックでキーフレームを削除できます。

また、何もないところからドラッグすると、範囲でキーフレームを選択できます。

選択された赤い枠は自由に変形することができ、
そのまま真ん中をつかんでドラッグすると、キーフレームの位置関係を保ったまま場所を移動できます。

また、赤い枠をつぶすとカーブの振幅を縮めることができます。


複数選択状態でShiftキーやAltキーを押しながらドラッグすると、下記のように動作します。

【移動
「Shitf」+ドラッグ : 上下左右に垂直/水平に移動

【拡大縮小
「Shift」+ドラッグ : 縦横比を保ったまま拡大縮小
「Alt」+ドラッグ : アンカーが中心にある状態で拡大縮小
「Shift」+「Alt」+ドラッグ : 縦横比を保ったまま、アンカーが中心にある状態で拡大縮小


Comments