トラックの基本操作

モデルを配置できたら、次にモーションを作成します。

モーションを作成することは、キーフレームを配置していくことです。
キーフレームを編集するための基本的な操作方法を説明します。

詳細の開閉ボタンをクリックして、トラックとプロパティを展開すると下図のようになります。


 キーフレームの編集が行えるフレームは編集範囲に応じて3つあります。


トラックのフレーム

青いバーのフレームです。
ピンクのバーでトラックの開始箇所と終端箇所を表しています。
トラックに含まれる全てのプロパティグループを一括で選択・編集できます。


プロパティグループ

緑のバーのフレームです。
プロパティグループに含まれる全てのプロパティを一括で選択・編集できます。
ここでの一括の編集はよく使うので覚えておきましょう。


プロパティ

黄色のバーのフレームです。
Modeler で作成したパラメータを個別に選択・編集することができます。

「配置 & 不透明度」のプロパティを見ると、「位置」「倍率」にキーフレームが打たれています。
これは前項で、位置とサイズの調整を行ったためです。

キーフレームの挿入

フレームに、[Ctrl]を押しながら左クリックでキーフレームを挿入できます。

フレームを選択して、「パラメータ」パレットのスライダを動かすことで、
そのパラメータ値のキーフレームを挿入することができます。

トラックのフレームやプロパティグループのフレームに、キーフレームを挿入すると、
属するプロパティに一括でキーフレームを挿入できます。


キーフレームの削除

キーフレームを [Ctrl]を押しながら左クリックすることでキーフーレムを消せます。

また、フレームを選択しておき、[Back Space]か[Dell]でも削除できます。

挿入と同様に、トラックのフレームやプロパティグループのフレームのキーフレームを削除すると、
属するプロパティのキーフレームを一括で削除できます。


キーフレームのコピーと切り取り

キーフレームを選択して、[Ctrl]+[ C ] でキーフレームをコピー
[Ctrl]+[ X ]で切り取り、[Ctrl]+[ V ] で貼り付けすることができます。


キーフレームの移動

選択したキーフレームをドラッグすると、位置を変えることができます。

複数選択すると、複数同時に動かすことができます。


キーフレームの間隔の調整

フレームを範囲で選択して、右クリックしてメニューから「間隔の調整」を選びます。

もしくは、このアイコンをクリックします。

すると「間隔変更」ウィンドウが開くので、間隔の値を入力して、「適用」ボタンで反映します。


モーション作成に不要なパラメータの非表示

モーションを作成する際に、SDKで組み込んだ時に自律動作させる呼吸や、物理演算で設定する髪揺れのように、
編集する必要のないパラメータは、非表示にしておくと効率的に作業することができます。

パラメータを非表示にするには、「Shy(シャイ)」という機能を使います。

Shyは、それがオンになっている場合、パラメータ名の左にあるボタンにチェックを入れたものを非表示にします。







Comments