更新履歴 2.1‎ > ‎

DirectX, DirectX11, OpenGL (C++)



2.1.05

[2016/09/29] 2.1.05_1 
<OpenGL>
シェーダの不具合を修正しました。
sampleプロジェクトで使用しているライブラリの階層を修正しました。



2.1.04

[2016/08/24] 2.1.04_1 
<OpenGL>
iOS用ライブラリをarmv7sに対応しました。
Windows用ライブラリをVisualStudio2015に対応しました。
Android用ライブラリでreleaseShaderを呼んだ後、モデルを再度読み込みなおさないとエラーになる不具合を修正しました。
反転させた描画オブジェクトをクリッピング対象とする場合に正しくクリップされない不具合を修正しました。
存在しない描画オブジェクトをクリップIDに指定したモデルを表示するとエラーになる不具合を修正しました。

[2016/08/03] 2.1.04_1 
<DirectX>
64bit版のライブラリを追加
pose.jsonのFadeIn個別設定に対応
FPSが低い時に物理演算結果の値がおかしくなる不具合修正

[2016/08/03] 2.1.04_1 
<DirectX11>
正式版を一般公開
64bit版のライブラリを追加
pose.jsonのFadeIn個別設定に対応
FPSが低い時に物理演算結果の値がおかしくなる不具合修正


2.1.02

[2016/05/23] 2.1.02_3 
<OpenGL>
古いライブラリが入っていたのを修正

[2016/05/19] 2.1.02_2 <OpenGL>
2.1 正式公開
Cubism2.1 クリッピングモデル対応
サンプルプロジェクトで使用しているモデルを差替え
FPSが低い時に物理演算結果の値がおかしくなる不具合修正


2.1.01
個別フェードを指定時にメモリリークが起きる不具合を修正

[2016/04/28] 2.1.01_1 <DirectX>
Visual Studio 2013向けのライブラリを追加
Visual Studio 2015向けのライブラリを追加


2.1.00
[2016/04/21] 2.1.00_1 <DirectX>
2.1 正式公開
Cubism2.1 クリッピングモデル対応
VisualStudio2012向けのライブラリを追加
サンプルプロジェクトをVisualStudio2012形式に更新

Comments