更新履歴 2.0‎ > ‎

WebGL (JavaScript)



2.0.05
setLoop, isLoop, getIndexArray が使えないバグを修正しました。

[2015/12/01]    2.0.05_1 <WebGL>


2.0.04
品質向上のため描画方式をPremultiplied方式に変更しました。
これにより、IEでテクスチャのつなぎ目が出る問題が解決されました。
「テクスチャゴミ取りツール」で「WebGLに最適化」を行う必要がなくなりました。


[2015/06/01]    2.0.04_1 <WebGL>
ライブラリの修正に伴いサンプルに重要な変更をしました。
詳細は下記のページにてご確認ください。
http://sites.cybernoids.jp/cubism2/sdk_tutorial/platform-setting/webgl/fixforpremultiplied



2.0.03
Live2D Modelerで乗算を適用したオブジェクトがWebGLで正しく表示されない不具合を修正しました。

[2015/05/12]    2.0.03_1 <WebGL>


2.0.02

[2015/03/03]    2.0.02_2 <WebGL>
エンコードがBOM付きのjsonファイルが読めない不具合を修正しました。
pinchIn、pincOutに紐づく音声を修正しました。


[2015/02/24]    2.0.02_1 <WebGL>
デフォーマのバグにより表示がズレる問題を修正しました。
テクスチャの縁が見えてしまう不具合を修正しました。
タブレット端末用にキャラクター切り替えボタンを追加しました。
ピンチイン、ピンチアウト機能を実装しました。
SampleApp1でロード中に「 Now Loading... 」を表示するよう修正しました。
複数キャンバスを表示するサンプルを追加しました。


2.0.01

[2015/01/26]    2.0.01_2 <WebGL>
キャンバスを複数表示できないバグを修正しました。


2.0.00

[2015/01/15]    2.0.00 <WebGL>


2.0.00_beta3

[2014/12/22]    2.0.00_beta3 <WebGL>
回転デフォーマの拡大縮小に関するバグを修正しました。
曲面デフォーマの範囲外にある点の計算に関するバグを修正しました。


2.0.00_beta2

[2014/12/18]    2.0.00_beta2 <WebGL>



Comments